クリスマスの準備

12月もあっという間に半ば過ぎに。 キリスト教の学校に行ってたので、クリスマスの一か月前から4本のキャンドルが毎週1本ずつついていくのが何故かワクワクしてました。 今はバタバタ忙しいことに。 という訳で、どうにかディスプレイ出来ました。 以前は物凄い数のディスプレイグッズで、本当に足の踏み場がなくディスプレイ屋みたいでした。ー実際ディスプレイ屋と間違われたことも度々^ - ^ここ最近は少し大人っぽく厳選したディスプレイに! メインの人形達は、シカゴの叔母がご近所の作家さんから買ってたのを譲り受けました。4人家族で、大きさは50センチほどと大きいです。衣装や小物が精巧で可愛いんです! 黒にピンクのトナカイと王冠はロンドンで買われたのを頂きました。 テーブルにも少し。 ディスプレイ完了です♪

武道館!

今まで何度となくライブに来てた武道館。まさかのコロナからこんなに遠い存在になるとは予想出来ませんでした。 ここにこんな想いで来るとは!九段下の改札降りたら、すでにワクワク。お堀の写真や周りの風景まで撮っちゃいました。 今回のライブは「チャー」!!45周年記念ライブという事で、多くのゲストも入れ替わりギター演奏。 なんと席がアリーナ中央の前から2番目で前に人がいなかったので、ライブハウスというか茶の間状況でした。後ろを振り返ると三階席までかなりの人なので武道館を認識しましたけど。  同世代なのに相変わらずエネルギッシュなチャー。3時間超えだけど充実した時間。ミュージシャンも観客もライブが出来る嬉しさに溢れて!

一年半振りの松山

「暮らし展vol4」も無事終わりました。今回も沢山の方々にいらして頂き、ありがとうございました。次回は来年春以降を予定してます。 暮らし展終了と共に松山へ。   叔母の介護施設もやっと県外者の面会がOKになったので。コロナ前は1月おきには行ってたのが、全く行かれなくなって早一年半! 私の事忘れてないかなぁ〜などと考えながら顔を見せたらいつもの笑顔が! やつれてるどころか、一人体重増加してました(^^) うかうかしてると今年も終わりそうな12月。今年の締めに松山に来られて良かった!  

来週から

早くも11月も後半になります。 来週からは今年最後のイベントとなります、「小さな暮らし展vol 4」が始まります。 今回も様々な器、漆器などが並びます。 お正月を意識したものも。 ぜひお気に入りを探しにいらして下さい。 11月27日(土)〜12月5日(土) 12時〜18時 今回も予約制とさせて頂きます。 メールにてご連絡お願い致します。  meimer.me   鳴海  

サウンド&アート展

「見る音楽、聴く形」をテーマに新しい創造的な楽器やサウンドをめぐる作品を集めた展覧会でした。 いくつかの作品は実際に叩いたり出来ます。こちらは径や長さの違う管を使ってます。叩いてみると、かなり違う音が!パイプオルガンを思い出しました。 「音のかけらテーブル」 鉄のテーブルですが、かなりキレイな音が反響して出ます。 「勝原フォーン」 大阪万博で記念制作。その後解体されていたのを2017年修復されたようです。 先週の打楽器奏者のデモンストレーション聴きたかった〜。 「スパイラル木琴」 ヒノキでのカタチもキレイです。   楽しい演奏が始まりました。 ミキサー、ターンテーブルが回り、ギターの音も。色々動いて面白い!   こちらは明和電機さんの作品。 やはり動きが楽しい。 しかしながら動画でないと音と動きの楽しさは全く伝えられないものでした。

無事終了!

銀座のばなでの三人展は無事終了致しました。こういう状況の東京にも関わらず、大勢の方々にいらして頂けました。感謝の気持ちでいっぱいです!10周年記念のコラボ品も皆様にお持ち帰り頂きました。愛用して貰えると嬉しいです。今は打ち上げとかなかなか出来ないので、三人それぞれの自宅で乾杯しました。もちろん今回の記念グラスにマーカーもセットして! 一段と美味しい!すでに来年11年目の三人展も決まりました。これからも頑張って作って行きたいと思います。来年も宜しくお願いします!

今年の北斎展

  北斎展は今までにも、色々なところに見に行ってました。今年は六本木のミッドタウンの地下のホールに。「北斎づくし」 「北斎漫画」「富嶽三十六景」「富嶽百景」この全編・全ページを徹底的に見られる「尽くし」の展覧会です。ホールの展示も壁から天井まで北斎! 全883ページの「北斎漫画」も初編から最終巻までじっくり見てしまいました。 図案集であり、画集であり、さらに百科事典の様でアイデアに富んで飽きさせません。 今回の図録は通常のタイプと異なり縦55㎝、横40㎝、見開くと80㎝と大判で中綴じなしのユニークなモノでした。 家に帰ってからも「尽くし」の雰囲気を楽しめました。 北斎に関しては飽くなき探究心に頭が下がります。 70歳以前の絵は取るに足らないもので、73歳にしてようやく動物等の骨格、植物の成り立ちを理解出来た。80歳でますます成長し、と100歳近くまで生きてやっと一人前の絵描きになれるとされています。 あれほどの作品を描いても満足せずもっと先に進もうとしていた、そのパワーを感じさせられて来ました。  

イサム・ノグチ

暮らし展VOL 3暑さにもかかわらず、多くの皆様にお出かけ頂いています。今回は明日の日曜日までです。暮らし展が始まる前に行って来ました。ーイサム・ノグチ   発見の道ー  東京都美術館 20世紀を代表する芸術家「イサム・ノグチ」 彫刻のみならず舞台美術やあかりシリーズ、さまざまなプロダクトデザインの分野でも活躍されてました。今回は晩年の石彫へと至る創造の道行きを多様な作品で辿るという展覧会でした。素晴らしい作品の数々。 タイトルに惹かれた作品の 『淑子さん』と『モンローヒップス』     『あかり』シリーズ映像などで見てるイサム・ノグチ庭園美術館。いつか香川の牟礼に行ってみたいな!

明日から!

オリンピックも間近で、何かと落ち着きのない東京ですが、明日から『小さな暮らし展VOL3』開催します。 今回は夏らしいガラス、青中心の陶器を中心に、飛騨春慶、輪島塗りの漆器などが並びます。 暑い時期ですが、お時間ありましたら、お立ち寄り下さい。 予約制としておりますので、ご連絡はお問い合わせフォームからお願い致します。19(月)〜25(日)12時〜18時西麻布meimer

最近の本

最近買った本、と言っても写真集や画集ばかりでした。 原宿にルイ・ヴィトン展を見に行った時に、もちろんインスタレーション等もキレイでしたが、ショップのブックコーナーに惹かれてました。その時になかったシリーズがある事も分かり、またネット注文してしまいました! 京都、モロッコ、ニューヨーク、パリ、ベルリン、シルクロード。 都市別ですが、カメラマンとテーマで全く異なるので、見ていて飽きません。海外旅行に行けない今はこちらで楽しむ事にします。こちらもお気に入り! 可愛いいロンドンがいっぱいです。

Go to Top