今日も銀座

自分の個展は終わっても、銀座にはほぼ毎週出かけています。知人の展覧会が続いています。ACギャラリーでの西林佳寿子さんの個展です。 円の図形を組み合わせて立体感のある形の新作のピアス、ブローチ、ネックレスが並びます。   モデル着用のピアスがステキな写真です。ピアスは円の角度とポストの位置で、付けてみるとまた異なる形になります。いくつか試させて頂いて、私に似合うピアスを選んでもらいました。 AC ギャラリーで3月14日までです。西林さんはドイツのデュッセルドルフと日本の両方で製作、発表なさっています。私も展覧会を含め、デュッセルドルフに何度かご一緒させて頂きました。また伺える日が早く来るように願ってます!

今日も銀座散歩

銀座での個展は終わりましたが、伺いたい展覧会があったので京橋へ。最終日に間に合いました。その後銀座通りを8丁目あたりまでお散歩。久しぶりのヤマハの前で、このコピーに惹かれました! 花椿通りの椿も満開でした。ちょっと疲れたので久しぶりに美味しいコーヒーを飲みに7丁目裏のランブルへ、。今度は銀座通りから銀座コリドー方面へ。タイトルの路地裏の猫たちに興味が。 ギャラリーは本当に路地裏でした。看板矢印がなければ辿りつけなかったです。 銀座は裏も面白い!

午前中の銀座

このところ良いお天気が続いています。 銀座はウィンドウディスプレイも楽しみの一つです。 もう来週は3月。家に帰ったらお雛様飾らなきゃ! すっかり忘れてました。個展終わったら茶・銀座でゆっくりお茶したいなぁ〜と楽しみに!

今日から

本日2月22日から27日土曜日まで銀座のACギャラリーで個展です。 いつもより時短で11時30〜18時30(最終土曜日は17時まで)相変わらず最後までバタバタ製作してましたが、どうにか展示出来ました。   コロナ禍の中ですが、お近くにお出かけの際はお立ち寄り頂ければと思います。 ACギャラリー 中央区銀座5-5-9 阿部ビル4F  03-3573-3676

嬉しい差し入れ

22日からの個展の搬入を控えながらも、まだジタバタしてます。そんな時にSさんからの差し入れが!いつも美味しいモノを頂いていますが、今回はお花も!元気が出るようなビタミンカラーにしてくださいました!励まされと癒しで嬉しい〜!Sさんセレクトの甘味としょっぱい系のパンやラスクも楽しみです。もうひと息頑張れます!

まだまだ⁈

ACギャラリーでの個展が22日から始まります。搬入日までは後10日!とうとうという感じですが、まだまだ追い込み製作しています。気が付いたら切り取りした後の銀の板が小山になってました。 今回は切る作業が多いので、糸ノコが頼りです。 もう少し頑張ってくださいね!

ちっちゃいモノ

東京も雪がチラついたり、寒い日が続いています。そんな中にも少しずつ日が長くなって来ています。野菜売り場も新玉葱や山菜等春の兆しが見え始めた感じ。近所のスーパーで去年の春にもありましたちっちゃい青梗菜。ミニ大根と共に初めてのミニカブ! ホントにちっちゃくて可愛い!ストウブのオーバル11センチの赤はつい衝動買い。赤の色がキレイです。   制作の合間に現代美術館の石岡瑛子展へ。 懐かしい時代を思い出しながらも、石岡さんの仕事の凄さを再認識させられました。 久しぶりに地下のカフェへ。 夕暮れ前の眺めはキレイでした。

届きました!

毎年クリスマス頃に頂いてます。 Rさんよりの卵100個! 茨城県の押木養鶏場の「紅孔雀」を頼んで くださってます。 どうして沢山の卵⁈ 実はお正月用に伊達巻を沢山焼くので。 30日は20本以上焼く予定です, 今の時期は片付けよりも、食品の準備に気持ちが傾いてます。 下拵え取り掛かる前のお楽しみが! クリスマスに頂いて飾っていたチョコレートのツリーをカットして頂きます。 久しぶりのショコラティエ・エリカのマボンヌ。クルミとマシュマロたっぷりで大好きです。ほとんどひとりで食べちゃいます^ - ^

日帰りで〜

金沢〜白山に行って来ました。観光ではなく、白山のギャラリーとの打ち合わせ。金沢には何度も出かけてますが、北陸新幹線は初めてでした。停車駅もどこなのか、興味深く見てました。金沢からはレンタカーで白山市へ。少し色付いてキレイな車窓を見ながらガレリアギャラリーへ。 水野一郎さん設計のモダンなギャラリーです。 建物の裏手は木々が生い茂り、その向こうには手取川が流れているという自然環境も素敵です。 今回は日帰りと言うことでタイトなスケジュール。残念ながらゆっくりと金沢の美味を味わえませんでした。 せめてもと、駅で買ったのどぐろとへしこ。 お土産に頂いた森八のこはく。 上品で美味でした!      

スペシャルなガラス

ガラス作家の貴島雄太朗さんに作って頂きました。ディスプレイ用のガラスのリングホルダー! 9月ののばなさんの三人展の時に、DMにも写っている大きなオブジェの様なリングホルダーを展示なさっていました。 ステキ!だけどウチにはちょっと大きい。Oさんも同じ思いでした。そこで、二人で貴島さんにもう少し小ぶりなのを作って頂く事に! プレーンなタイプと削紋の模様も大きさも微妙に異なるそれぞれ一点モノです。 オリジナルの大きさのガラスは、三越本店の宝飾売り場に数十本納品されてるの事なので、三越に伺いました。宝飾売り場の眩いダイヤ達を見事に引き立てながらもさすがの存在感でした。小さなサイズとはいえガラスに負けないリングを飾れるのか!? これから色々トライして見ようと思ってます。

Go to Top