無事終了!

「小さな暮らし展」は都合により申し訳ありませんが、28日までとさせていただきました。今回もコロナの心配等ありましたが、多くの皆様にお越し頂きました。ありがとうございました。 皆様それぞれのお気に入りを見つけてくださって、素敵な使い方のご報告も頂いてます。 じっと眠っていたモノ達を次の方にパスザバトン出来たら、ということから始めた企画でした。その思いが伝わって頂けたようで、とても嬉しく思っています。今度はいつなの⁈と嬉しいお言葉も頂いてます。まだ日時ははっきりしていませんが、来年の春頃を予定してます。またの機会も宜しくお願い致します!

今日から〜

『小さな暮らし展』始まりました。今回も陶器、塗り物多数並んでいます。   皆様のお気に入りが見つかると私も嬉しくなります!来週一杯やっておりますので是非お出かけ下さい。 コロナ対策でのマスク着用及び予約制でお願いしています。

森美術館

久しぶりに六本木ヒルズの森美術館へ、『STARS展:現代美術のスターたち  ー日本から世界へー』  国際的に活躍しているアーティスト6名の活動の軌跡を初期作品と最初作を繋ぐかたちで紹介するということでした。 杉本博司さんの映像は前に伺った小田原の江之浦測候所が中心でしたので、また違う季節に行きたいなと思ってました。 暗くなってから六本木ヒルズを通り抜ける時に気が付きました。 もうイルミネーションも点灯と聞くと、年の瀬が近いと焦ってきます!

天王洲アイル

そう遠くない場所ですが、モノレールに1駅乗っただけでちょっとしたお出かけ気分。この駅に来るのは展覧会などの時だけなので、余計に非日常感がするのかも。今日は石原実さんの個展へ。 『日月山水』 Landscape with the sun and the moon  石原さんの染めの作品が並びます。 今回のセントラルタワーのアートホールは 天井が高いので迫力ある展示が。 またガラスを通しての日中明るい時と、 夜暗くなってからはまた雰囲気が異なる ようです。 今月の27日まで(土・日・祝休館) 天王洲セントラルタワー1Fアートホール 帰りがけにちょっとお散歩。 裏手の運河沿いののどかな雰囲気ながら、 水があるのが好きです。      

小さな暮らし展2

今年の3月にmeimerで小さな暮らし展を開催致しました。3月はコロナでの外出自粛が始まりかけてた時期にもかかわらず、皆さまにお出かけいただきました。予約制でしたので、プライベート空間でゆったりと見ていただけたようでした。 好評に付き『暮らし展2』を21日土曜日から開催します! 今回も春慶塗りを中心に様々な年代の器などが並びます。 ぜひお遊びがてらお出かけいただきたいと思います。 今回も予約制となっていますので、メールでお知らせ頂きたいと思います。 小さな暮らし展2    11月21日土曜日〜29日日曜日     12時〜18時    

森林浴

今回は伊賀神戸から車で30分程のメナード青山シャンベールホテルに一泊しました。室生赤目青山国定公園の中に位置していて、とにかく広大な敷地でした。 敷地内には、ゴルフ、テニス等のスポーツ系、今はお休みしてましたが、陶芸教室などの創作体験教室もありました。 朝はホテルの部屋から、森の中を走る鹿が見れて感激!朝食後には森の中のウオーキングコースへ。お天気が良いし、歩くのには気持ち良い気候!森林浴というか、普段味わえない森の空気を堪能。 ホテルから見た鹿もこのあたりを走ってたかと。 沢山のすすきも、青い空に映えてました! 思いのほか歩いて、すでにお腹が軽くなってる〜。という事でハーブガーデンへ。季節で色々なハーブが楽しめるようです。 そうそうメナード化粧品の系列ホテルなので、トラベルセットや色々なお土産化粧品を頂きました。ここはコテージやバーベキュースペース(今は休業中)もあるし、家族連れにも良いかと。とにかく森のお散歩が最高でした!

島田忠幸彫刻展

前日からの雨も上がり、我孫子で島田忠幸さんの彫刻展『プリニウスの動物たち』を見て来ました。プリニウスは古代ローマの博物学者で、古代最大の百科全書「博物誌」を著した方だそうです。そこに記されているような動物たちをアルミ素材で制作されてました。我孫子市内の9カ所で見ることが出来ます。シマウマ、カモノハシ、キリン、ダチョウなどに出会えました。今回は島田さんご自身が案内してくださったので、スムーズに廻ることが出来ました。我孫子駅を出たら、まずは駅前の千葉銀行へ。あら銀行⁈と思いましたら、ATMの奥に展示されてました。カモノハシの銅色は箔を貼られたそうです。ちょっとイタズラそうなプレーリードッグ今度は屋外の杉村楚人冠庭園へ。竹林を控えた中にイノシシが。 やはり屋外は伸び伸びしてそう! 再び屋内施設のアビスタへサイを見に。 制作にあたり、いきなり大きいサイズのモノを作るのは難しいので、小型サイズの作品を基本原型となさる事もあるとか。小さなサイは子供ではなく親サイです。 残念ながら休日は市役所がお休みなので、見られなかったゴリラのワイヤーモデル。 屋内の水の館には、緑の箔をまとったシマウマ。 ハシビロコウはお顔がとても印象的! 等身大のダチョウは約2メートル。迫力があります。 少し遊歩道を歩いて親水広場へ。キリンが堂々と空を、仰いでいました。 今回は大人の遠足のようで、動物たちとの出会いを楽しめました。願わくはどこかの公園のようなところで、動物園みたいに見られたらと!

我が家に仲間入り

急に寒い日が続いてます。これからは特に暖かいお茶などが嬉しい季節ですね。今年になって我が家に仲間入りしてくれたモノ達です。自分で購入したモノだけでなく、9月のお誕生日やお返しに頂いたモノも。ベルギーのHenry Deanのガラスの花瓶。古典的な吹きガラスの手作りで、シンプルながら、なんとも言えない色が魅力的。お花がなくても素敵です。 高岡のNAGAE+の錫の器。極シンプルな器ですが、簡単に折り曲げられます。少し端を上げてみました。果物もちょっと格上げされた感じ。 お茶の時間が楽しみな茶器。お急須とお湯呑みは、六本木ミッドタウン3FのSTYLE  MEETS. PEOPLE で。素敵なモノが多くて目移りします。今度はお揃いの小皿も欲しいなぁと思ってます。お茶托は銀座ACギャラリーで。すいません作家さんのお名前忘れてしまってました。小ぶりながら6角形が綺麗です。 思いがけなく連絡頂いて、私の好きそうなモノがセールになってると!ラルフローレンのステンレスのポット、シュガーandクリーマーセット。写メ送って貰って返信する時には、私が絶対欲しがるからと買っておいてくれました!そういう訳で無事我が家に^ - ^ビンテージモノも大好きです。オールドNoritake.(左)と Arabia 。それぞれ買った時期とお店も違いますが、好きなテイストは似てるものがありました。どちらもスレやキズもなく良い状態ながらリーズナブル価格で。食器は飾り用ではないので、日常使いしてます。 高山の飛騨春慶の半月弁当箱。 こちらはへぎ目作りという技法で木目がとても綺麗です。ビンテージですが、未使用の5個セットで木箱入りでした。 お弁当箱というからには、中身をいれなくては〜! というわけで作りました。思いのほかおかず入れが広くて沢山入りましたが〜。 ご縁があって我が家に来てくれたモノ達!これからも大事に使って行きますね。

バンクシー展

横浜のアソビルに行って来ました。横浜駅から直結してるので、ぐるぐる歩きながらも到着!事前予約制でしたので、時間になるとスムーズに案内されました。 バンクシーについてはあまり知識がなく、いくつかの有名な路上の作品位しか知りませんでした。ちょっと興味本位で見てみようかなぁという感じでした。路上の作品の多くはすぐ消されてしまっています。世界中で発見されてはいますが〜。 今回の個展は複数の個人コレクターの協力もあって実現したそうです。バンクシーはストリートだけでなく、スタジオでも制作しています。 オリジナル作品だけでなく、映像やインスタレーションなども用いた多角的な展覧会となったいました。 作品を見てはそれぞれのその背景やメッセージを読みながら廻っていると、いつの間にか引き込まれて行きました。 日常生活で忘れかけた事柄に目を向け考えるきっかけになったと思います。

かき氷

9月も中ばになり、東京もやっと涼しくなってきました。そんな時期にかき氷!先日ののばな三人展の折にガラス作家の貴島さんから、貴島さんのガラス器でのかき氷を召し上がってらしたと聞きました。 茗荷谷のカフェ竹早72,ご近所の常連さんの知人にお願いして連れて来て頂きました。こちらは和菓子の名店の一幸庵さんのご長女さんがオーナーのカフェです。 一幸庵謹製のあんこを使ったメニューが頂けます。 二席のテーブルとカウンターとこじんまりとしたお店をお一人できりもりなさってます。 店内には和菓子の型がディスプレイされてます。お昼時だったので、先ずは季節のおこわを。今は枝豆でした。 熱々の美味しいおこわを頂いてから待望のかき氷を。 さすがの小豆と抹茶が美味しい!久しぶりのかき氷。多分今季最後かなぁ⁈ かき氷なのでじっくり味わう間もなく、食べてしまいました。貴島さんの器とゆっくりご対面。 あら、この色は。ご縁のある赤系の色。以前にグラスを頂いてました。 好きな色の器で頂いたかき氷!今年の夏の思い出となりました。