今回の動物は⁈

島田忠幸展 [ライオンは寝ている]アルミニウムで色々な動物を作られている島田さんの展覧会はいつも楽しみにしています。制作技術はもちろん、ユーモアもあって好きな動物達です。 DMになっているイボイノシシは、お顔の作りも真鍮で作られている粗毛のたてがみも立派です。 「オアシスの秘密」のヒトコブラクダ ヒトコブラクダは砂漠で困らないように、給水蛇口が付いてます。ひねると本当にお水が出て来ます。   大きなアメリカバイソンはお腹が見えます。   ヤマアラシは遠めには可愛いいけど、ハリが凄い!   1本1本鉄を尖らせて作られたそうです。 更に良く見ると、ロケットが! 「専守防衛から積極防衛に」のタイトルの 意味が分かりました。   今回の展覧会タイトルの「ライオンは寝ている」ですが、ライオンはいません。 そうライオンは夜から早朝に活動するので日中は姿を現わさないからです。確かに昔ケニアに行った時にまだ暗い早朝の車移動の時に出会えた事を思い出しました。 千駄木のギャラリーK INGYOで本日までです。

無事終了!

銀座のばなでの三人展は無事終了致しました。こういう状況の東京にも関わらず、大勢の方々にいらして頂けました。感謝の気持ちでいっぱいです!10周年記念のコラボ品も皆様にお持ち帰り頂きました。愛用して貰えると嬉しいです。今は打ち上げとかなかなか出来ないので、三人それぞれの自宅で乾杯しました。もちろん今回の記念グラスにマーカーもセットして! 一段と美味しい!すでに来年11年目の三人展も決まりました。これからも頑張って作って行きたいと思います。来年も宜しくお願いします!

銀座の夕暮れ

9月になって夕暮れが早くなって来ました。 ギャラリー帰りの銀座の街並みは、薄暗くなった中にディスプレイ等が相変わらず華やかなでキレイ! ー去年も同じような事い書いてましたねー 今回の三人展の10周年記念のコラボセットをお買い上げの方の写真が届きました。 今はなかなか大人数の集まりは出来ませんが、お家でゆっくり自分時間を楽しんで頂けたら嬉しいです!

今年の北斎展

  北斎展は今までにも、色々なところに見に行ってました。今年は六本木のミッドタウンの地下のホールに。「北斎づくし」 「北斎漫画」「富嶽三十六景」「富嶽百景」この全編・全ページを徹底的に見られる「尽くし」の展覧会です。ホールの展示も壁から天井まで北斎! 全883ページの「北斎漫画」も初編から最終巻までじっくり見てしまいました。 図案集であり、画集であり、さらに百科事典の様でアイデアに富んで飽きさせません。 今回の図録は通常のタイプと異なり縦55㎝、横40㎝、見開くと80㎝と大判で中綴じなしのユニークなモノでした。 家に帰ってからも「尽くし」の雰囲気を楽しめました。 北斎に関しては飽くなき探究心に頭が下がります。 70歳以前の絵は取るに足らないもので、73歳にしてようやく動物等の骨格、植物の成り立ちを理解出来た。80歳でますます成長し、と100歳近くまで生きてやっと一人前の絵描きになれるとされています。 あれほどの作品を描いても満足せずもっと先に進もうとしていた、そのパワーを感じさせられて来ました。  

夏休みのお知らせ

暑い日が続いています。meimer では8月3日〜10日まで夏休みとさせて頂きます。宜しくお願い致します。

今回も!

オリンピックも始まり、暑さも本格的な時期でしたが、今回も大勢の皆様にお越しいただきました。ありがとうございました。 早速美味しそうなお料理を盛りつけられた写真を送っていただいたり、お気に入り探しが楽しかったとのお言葉を頂いて私達も嬉しい気持ちになりました。また次回は年内に開催出来たらと思っています。日時の詳細が決まり次第お知らせしますので、宜しくお願い致します。 今回も飛騨春慶を中心に漆器を出していましたが、とてもステキな本がありましたのでご紹介しておきます。 『椀一式』 実業之日本社

イサム・ノグチ

暮らし展VOL 3暑さにもかかわらず、多くの皆様にお出かけ頂いています。今回は明日の日曜日までです。暮らし展が始まる前に行って来ました。ーイサム・ノグチ   発見の道ー  東京都美術館 20世紀を代表する芸術家「イサム・ノグチ」 彫刻のみならず舞台美術やあかりシリーズ、さまざまなプロダクトデザインの分野でも活躍されてました。今回は晩年の石彫へと至る創造の道行きを多様な作品で辿るという展覧会でした。素晴らしい作品の数々。 タイトルに惹かれた作品の 『淑子さん』と『モンローヒップス』     『あかり』シリーズ映像などで見てるイサム・ノグチ庭園美術館。いつか香川の牟礼に行ってみたいな!

明日から!

オリンピックも間近で、何かと落ち着きのない東京ですが、明日から『小さな暮らし展VOL3』開催します。 今回は夏らしいガラス、青中心の陶器を中心に、飛騨春慶、輪島塗りの漆器などが並びます。 暑い時期ですが、お時間ありましたら、お立ち寄り下さい。 予約制としておりますので、ご連絡はお問い合わせフォームからお願い致します。19(月)〜25(日)12時〜18時西麻布meimer

今年も開催します!

ジメジメした季節から、一挙に夏日の東京です。またまた緊急事態宣言は出されていますが、予定通り開催します。『小さな暮らし展VOL3』7月19日(月)から25日(日)まで  祭日も営業致します。  12時〜18時予約制とさせていただきます。ご予約及びお問い合わせはお問い合わせフォームよりお願い致します。 換気と消毒に気をつけております。又マスク着用でお願い致します。 皆様とお会い出来るのを、楽しみにしています!

小雨でしたが〜

ここのところは梅雨空続きで、湿度の高い毎日です。どうにかあまり大雨には降られてませんが〜。お近くの事もあり久しぶりに根津美術館へ。「茶入と茶碗」 『大正名器鑑』の世界 大正10年から刊行が始まった、全9編11冊に及ぶ『大正名器鑑』。800点以上の茶入と茶碗の名品が取り上げられてます。ポスターで見た時には勝手に小引き出しと思ってましたが、この漆塗り木箱に1冊ずつ納められているのでした。 名家所蔵の名品も並んでます。茶碗を堪能して後はお庭をお散歩。 ここはどちら?と思えるような日本庭園です。 庭園の緑が一段と青々して綺麗! 小雨なのでほとんどお庭には人影がなかったので、ゆっくりとお散歩しました。一瞬東京にいるのを忘れてショートトリップしたような感じに。 今度はお天気の初秋あたりも良いかも!

Go to Top