香港藝術館 HKMOA

4年間位ずっとリニューアル工事中でした美術館が昨年末に開館してました。香港藝術館ーHKMOA デモの影響からか、毎日開館してなかっり、海外作家の企画展は1ヶ所だけでしたが、中国作家や中国年代物階は無料ということでした。 なぜかスタッフの方がとても多くて、そしてフレンドリーでウロウロしそうになったり、見損ないそうになると、すぐお世話してくださいました。 無料というのであまり期待してなかったのですが、こちらは香港最初の公共美術館で貯蔵品も多くて一部とはいえ中国の文化遺物が見応えありました。また現代の香港のアートスターコレクションも興味深かったです。 今だけ無料なのかは良く分からないのですが、街中中心部で、ベイサイドのロケーションも良いので、また機会があったらと思っています。

今年の旅は〜

お正月休みの終わりがけから、香港に来ています。 例のデモなどの影響からどうする?と母親に尋ねたところ、いざとなったらホテルにずっといるからとの返事でしたので、来ちゃいました。 行く場所を選び、夜遅くまだ外出しないという事で対処しようと思ってます。 海が見える場所はそれだけで気分が上がりますね!

ラオスの伝統文化

街から無料の専用トゥクトゥクに乗って10分ほどで、オック・ボップ・トックの緑深いアトリエに到着。 こちらでは、機織りや染色等のワークショップが体験出来ます。 織物職人の方々の仕事場も見せてくれます。     今回は見学だけでしたが、ついのんびりしてしまいました。メコン川の雄大な景色を眺めながらの工房は羨ましい限りです。   写真で見てぜひ見てみたいと思ったケアンシーの滝!こちらは街から車で50分位ですが、ちょっと山を登ると念願の滝が。思ってたよりも広範囲。 エメラルド色の美しさが続いてました。

お坊さんとお寺

頑張って5時に起きたルアンパバーンの朝。 寺院からオレンジの袈裟に身を包んだお坊さんの列が托鉢に出ます。   お供えの炊き立てのもち米を買ってお坊さんに渡します。 沢山のお坊さんの列をなして夜明けに歩く姿はとても幻想的です。 6時頃にやっと明るくなってきました。   ルアンパバーンにお寺は沢山ありますが、最も歴史ある寺院がワット・シェン・トーン。   壁面のモザイク画が美しい!   ストーリーがありそうで色々な題材は見ていて飽きないものでした。 実はここに来る前にかなり手前の寺院をここだと思い込んで見てました。慌てて移動しましたが、落ち着いて見ると全く違う寺院だったんですよね^^。 今日は偶然サンセットも! ステキな一日の終わりでした( ◠‿◠ )

ラオス、ルアンパバーン

ニューヨーク・タイムズ紙で「世界で一番行きたい国」第一位に選ばれたラオス。 なかでも街全体が世界遺産に登録された北部の街ルアンパバーン。 やっと来ることが出来ました。   今は乾季に入ったので晴天続きです。 でも昼間は日差しが強いですが、日陰はしのぎやすく、朝晩は涼しいくらいです。 川の近くのホテルなのに、蒸し暑さはありません。 車が少ないので、空気もキレイで落ち着いた静かな街です。

今日から金沢の展覧会です❗️

東京から金沢の新幹線も動き出しました。 金沢の展覧会ぜひご高覧お願いします。 コンテンポラリージュエリー展 in金沢vol.2 10月26日〜11月3日 ギャラリートネリコ   11月からのmeimer のご予約はホームページからお願いします。 改装してサロン形式に致しました。 お待ちしております。

内子町(愛媛)

松山での用事の合間に午後から内子町に出かけました。 松山からは車で約1時間。以前から一度行ってみたいと思ってました。 伝統建造物保存地区の町並をプラプラ歩き。 木蝋の商売で繁盛してた芳我家住宅や1800年頃に建てられた大村家住宅。 そして木蝋や生糸の生産で栄えていた時代に建てられた木造劇場「内子座」 歌舞伎や文楽が演じられていましたが、現在は劇場として再出発。演劇やコンサート会場になってます。 いつか観に来たい〜! 内子は内子豚も有名で、ドイツ風のハム、ソーセージも美味。 チーズの本場イタリアのトスカーナ地方に似た自然環境で作られるグラスフェッドチーズ 醍醐DAIGO どちらも食べられるのが、古民家のドイツレストラン?? ツム・シュバルツエン・カイラー ドイツ人のオーナーシェフが作る家庭料理やドイツビールが豊富です。 車の方が多いだけに、ドイツのノンアルコール飲料も充実してました。

NYのお買い物

凄ーく充実したNYの6日間でした。 5泊にもかかわらず、ブロードウェイミュージカル、メトロポリタンオペラ、ルーフトップバー巡り等夜も元気に活動してました。 特にファッションアイテムはなく、キッチン雑貨ばかりのお買い物でした。 ブルーに固執してるみたい^ - ^

ルーフトップ好き⁈

今日もニューヨークはお天気が良く、散策に気持ち良い一日でした。 まずはホイットニー美術館へ。 でも真っ先に上がったのは8階のルーフトップテラス。   ニューヨークは都会なのに緑と水と古い建物が多くて癒されます。 ずっと居たくなるテラスでした。   ホイットニー美術館ではEDWARD HOPPER も沢山見れて満足。 夜になると夜景を見るためにルーフトップバーへ。摩天楼の都会。エンパイアステートビルもきれい! 寒くないので、夜でも屋上の開放感を味わえました^_^

メトロポリタン美術館

今回行きたかった企画展がメトロポリタン美術館なのにロックの楽器展。 play it loud 元ロック少年・少女の方々でここだけ異空間の熱気!それぞれの想いの楽器や映像を見ながら、皆様楽しそうな笑顔が印象的でした。 私が見たかつたエマーソンのハモンドオルガン。   ギターはとても沢山ありました。 ジミヘンのフライングV もちろんメトロポリタンの絵画や彫刻も見ましたよ^_^ その後グッゲンハイム美術館、ノイエギャラリーと回って大満足な一日でした❗️