届きました!

ここのところの猛暑とグループ展に向けての製作で家時間の多い日々です。そんな時にタワレコに予約してたCDがポストに届いてました。 MATT JHONSON“WITH THE MUSIC “ジャミロクワイのキーボーディストのマット・ジョンソンさんのソロ新作CD。マットさんの様々なキーボードを駆使しての流れるようなキーボードプレイに引き込まれてしまいます。こだわりのサウンドが詰め込まれてご機嫌気分がupします。さらにvocalには奥さんのタニアさんが参加しています。タニアさんの伸びのある可愛い声も魅力的!実は今年の1月にロンドンで、ジョンソンご一家とランチをご一緒させて頂きました。有名ミュージシャンなのにとてもフレンドリーで優しいマットさんと可愛いく行動的なタニアさんの素敵なファミリー。すごくカッコいいだけでなく、ファミリーの仲の良さも感じさせるお気に入りとなるCDです。願わくはまたロンドンに行かれる社会に早くなって欲しいです!

ステキなレストラン

ロンドンはインテリアやロケーションがステキなレストランが沢山! と言っても全てロンドン在住の方々がアテンドしてくださったのですけど〜。 美術館の多い地区にあるプチホテルでのアフタヌーンティー。静かで落ち着いた雰囲気でリーズナブルと言う事なし! 有名な女性のインテリアデザイナーが手がけたと言う室内は、各国のミックステイストが絶妙でした。 ちょっと郊外の公園の中にあるレストラン。 自然環境が素晴らしく、子供も達も駆け回ってのどかな雰囲気でした。お料理も野菜やパンが美味しかった〜。 その上ファミリー総出で来て下さったので、最高のランチでした! ロンドン最後の夜は中心部のオシャレなレストラン。インテリアが素敵と言う事でした。 中に入ると壁に額縁が沢山飾られたインテリア。あれ⁈ここだったのね!実は来るまえに知人のニューヨーク在住のお嬢さん夫婦が手がけたインテリアの写真を見ていたのです。 ホテルの中のレストランなのでホテル名で聞いていたので、まさかこちらとは! 短い滞在でも色々なテイストのお店が楽しめたロンドンでした。是非また来たいな〜!    

ウィンドウショッピング

ロンドンはウィンドウやディスプレイが楽しいです。 超有名なフォートナム&メイソン。 紅茶しか知らなかったんですが、食器やカード類など、センスの良い品揃えで思わず長居してしまいました! エンジェル駅の近くのカムデンパッセージ。 小さなヴィンテージショップが多くて楽しい! フィッシュ&チップスのお店や魚屋さんも絵になります。 今度は中に入ってお食事したいと思わせてくれる外観です。 やはり老舗のポートベローのアンティークマーケットはお店の数が多く、品物にも圧倒されました。 メインの土曜日は各国の人で溢れてました!

街歩きの楽しみ

今回の宿泊はアパートメントタイプなので、キッチンもあり、広々としたリビングもあり快適です。すでに我が家のように馴染んでます(^-^) また街中なのでどこに出かけるにも便利。 ぶらっと散策し始めてすぐに、あらpicasso⁉︎ royal academyで企画展が始まったところでした。 平日とはいえ混んでないので、自分のペースでゆっくり見れました。 パリのピカソ美術館から沢山の作品が来ていたようでした。 ロンドンは歴史あるステキな建物が多いので、散策が楽しいです。

テートモダン

ロンドンは地下鉄で移動が便利なので、テートモダンまでもスムーズに行くことが出来ました。 ここはmodern and contemporary ! かなりの広さで見応えあります。常設展だけでもなかなか一度では見切れない感じです。こちらも企画展以外無料が嬉しいです。 目も足も疲れて来たので、10階の展望階へ。 ちょうど暮れかかる前の雲も美しい時間でした。テムズ川越しに見える景色が何とも言えません。 ルーフトップではないですが、ベランダに出られるので嬉しいです!

V&Amuseum

何十年ぶりかのロンドンです。 早速V&A museum にマリークワント展を見に。 私にとって、ちょっと背伸びして見ていた憧れのマリークワントでした。初めての化粧品を買ったのもアイコンの黒のお花に惹かれての事でした。 ファッションというだけでなく1960年代の時代も思い起こされて懐かしさも満載。 特に二階が世界感をカッコ良く展示してました。

香港藝術館 HKMOA

4年間位ずっとリニューアル工事中でした美術館が昨年末に開館してました。香港藝術館ーHKMOA デモの影響からか、毎日開館してなかっり、海外作家の企画展は1ヶ所だけでしたが、中国作家や中国年代物階は無料ということでした。 なぜかスタッフの方がとても多くて、そしてフレンドリーでウロウロしそうになったり、見損ないそうになると、すぐお世話してくださいました。 無料というのであまり期待してなかったのですが、こちらは香港最初の公共美術館で貯蔵品も多くて一部とはいえ中国の文化遺物が見応えありました。また現代の香港のアートスターコレクションも興味深かったです。 今だけ無料なのかは良く分からないのですが、街中中心部で、ベイサイドのロケーションも良いので、また機会があったらと思っています。

今年の旅は〜

お正月休みの終わりがけから、香港に来ています。 例のデモなどの影響からどうする?と母親に尋ねたところ、いざとなったらホテルにずっといるからとの返事でしたので、来ちゃいました。 行く場所を選び、夜遅くまだ外出しないという事で対処しようと思ってます。 海が見える場所はそれだけで気分が上がりますね!

ラオスの伝統文化

街から無料の専用トゥクトゥクに乗って10分ほどで、オック・ボップ・トックの緑深いアトリエに到着。 こちらでは、機織りや染色等のワークショップが体験出来ます。 織物職人の方々の仕事場も見せてくれます。     今回は見学だけでしたが、ついのんびりしてしまいました。メコン川の雄大な景色を眺めながらの工房は羨ましい限りです。   写真で見てぜひ見てみたいと思ったケアンシーの滝!こちらは街から車で50分位ですが、ちょっと山を登ると念願の滝が。思ってたよりも広範囲。 エメラルド色の美しさが続いてました。

お坊さんとお寺

頑張って5時に起きたルアンパバーンの朝。 寺院からオレンジの袈裟に身を包んだお坊さんの列が托鉢に出ます。   お供えの炊き立てのもち米を買ってお坊さんに渡します。 沢山のお坊さんの列をなして夜明けに歩く姿はとても幻想的です。 6時頃にやっと明るくなってきました。   ルアンパバーンにお寺は沢山ありますが、最も歴史ある寺院がワット・シェン・トーン。   壁面のモザイク画が美しい!   ストーリーがありそうで色々な題材は見ていて飽きないものでした。 実はここに来る前にかなり手前の寺院をここだと思い込んで見てました。慌てて移動しましたが、落ち着いて見ると全く違う寺院だったんですよね^^。 今日は偶然サンセットも! ステキな一日の終わりでした( ◠‿◠ )